記事内に広告が含まれています。

柘榴坂(ざくろざか)の歴史と見どころは?(東京都港区)高輪三丁目と四丁目の境界にある坂

この記事は約2分で読めます。
柘榴坂

柘榴坂(ざくろざか)は東京都港区高輪三丁目と四丁目の境界にある坂です。

品川駅の高輪口を降りて、第一京浜側へ出て信号を渡ってすぐのところにある坂です。

坂を上がっていくと、途中の右手にグランドプリンスホテル新高輪があります。

スポンサーリンク

柘榴坂の歴史と見どころ

柘榴の木があったため柘榴坂と名付けられたといわれています。

江戸時代はカギ形に折れ曲がる坂だったそうですが、明治時代に作り変えられて直線になりました。

そのため今の柘榴坂は、石榴新坂とも呼ばれました。

柘榴坂

江戸時代には北側(品川駅方面から見て右側)が薩摩藩島津家下屋敷、南側(品川駅方面から見て左側)が久留米藩有馬家下屋敷でした。

2014年の映画「柘榴坂の仇討」の舞台になった坂です。

原作は浅田次郎による短編小説です。

短編集「五郎治殿御始末」(ごろうじどのおしまつ)に収録されています。

仇討ちといえば、品川駅から北方面(田町駅方面)に歩いていきますと、泉岳寺があります。

赤穂浪士の墓があるお寺です。

そして、泉岳寺の近くには国の史跡である高輪大木戸跡があります。

反対の南方面は御殿山や旧品川宿があります。

御殿山は江戸時代に桜の名所として有名でした。

五大名所は、御殿山、隅田川堤、上野山、王子の飛鳥山、小金井です。

宿泊旅行なら旅行サイトを利用するのが良いと思います。下記をご参考になさってください。
柘榴坂
スポンサーリンク

場所など

東京都港区高輪三丁目と四丁目の境界