日枝神社(山王日枝神社)の歴史と見どころ紹介(東京都千代田区)江戸三大祭の一つ山王祭が行われる

Arabic AR Chinese (Simplified) ZH-CN English EN French FR German DE Japanese JA Korean KO Portuguese PT Russian RU Spanish ES Vietnamese VI
この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

山王日枝神社

溜池山王にあり、赤坂はすぐそば、裏は首相官邸や国会議事堂、という日本の中枢に位置する神社です。

江戸三大祭の一つ、山王祭が行われます。

創建の年代は不詳とのことです。

東京十社(准勅祭社)の一社

文明10年(1478年)、太田道灌が江戸城築城にあたり、川越の無量寿寺(現在の喜多院・中院)の鎮守である川越日枝神社を勧請したのに始まるという。
徳川家康が江戸に移封されたとき、城内の紅葉山に遷座し、江戸城の鎮守とした。

風水学的には、江戸城を起点に、江戸の鬼門である北東の上野に寛永寺神田明神浅草寺を配し、裏鬼門の南西に増上寺と日枝神社を配したと考えられるそうです。

主祭神 : 大山咋神

所在地: 〒100-0014 東京都千代田区永田町2−10−5

動画

スポンサーリンク

地図

タイトルとURLをコピーしました