記事内に広告が含まれています。

小説(室町時代が舞台)

作家や・ら・わ行

ゆうきまさみ「新九郎、奔る!」(第14集)の感想とあらすじは?

伊勢宗瑞(伊勢新九郎盛時)を主人公としたゆうきまさみ氏による室町大河マンガの第14巻です。 今回の舞台は文明15年(1483年)〜文明18年(1486年)です。舞台は京都です。 「都鄙和睦(とひわぼく)」が成立し、関東でようやく乱が収まりま...
作家や・ら・わ行

ゆうきまさみ「新九郎、奔る!」(第13集)の感想とあらすじは?

伊勢宗瑞(伊勢新九郎盛時)を主人公としたゆうきまさみ氏による室町大河マンガの第13巻です。 今回の舞台は文明12年(1480年)〜文明15年(1483年)です。舞台は京都です。 この第13集で最も大きい出来事は、関東の「享徳の乱」(享徳3年...
作家や・ら・わ行

ゆうきまさみ「新九郎、奔る!」(第12集)の感想とあらすじは?

伊勢宗瑞(伊勢新九郎盛時)を主人公としたゆうきまさみ氏による室町大河マンガの第12巻です。 今回の舞台は文明11年(1479年)〜文明12年(1480年)です。舞台は京都です。 新九郎が関わっている今川家の家督争いに大きな進展がありました。...
作家や・ら・わ行

ゆうきまさみ「新九郎、奔る!」(第11集)の感想とあらすじは?

今回の舞台は文明10年(1478年)〜文明11年(1479年)です。舞台は京都に移ります。京都では応仁元年(1467年)から文明9年(1477年)まで約11年間にわたって続いた応仁・文明の乱が終結して一時の平穏が訪れています。しかし、新九郎が関わっている今川家の家督争いは依然として進展が見られません。
作家や・ら・わ行

ゆうきまさみ「新九郎、奔る!」(第10集)の感想とあらすじは?

伊勢宗瑞(伊勢新九郎盛時)を主人公としたゆうきまさみ氏による室町大河マンガの第10巻です。 今回の舞台は文明8年(1476年)〜文明9年(1477年)です。関東と京都で、そして駿河で新たな局面が展開された年となりました。 今川家の家督争いは...
作家や・ら・わ行

ゆうきまさみ「新九郎、奔る!」(第9集)の感想とあらすじは?

伊勢宗瑞(伊勢新九郎盛時)を主人公としたゆうきまさみ氏による室町大河マンガの第9巻です。 今川家の当主・今川義忠が戦死してしまい、今川家中は大混乱に陥ります。 ただでさえ跡目争いの懸念があるのに、義忠があろうことか味方を討伐してしまったこと...
作家や・ら・わ行

ゆうきまさみ「新九郎、奔る!」(第8集)の感想とあらすじは?

伊勢宗瑞(伊勢新九郎盛時)を主人公としたゆうきまさみ氏による室町大河マンガの第8巻です。 舞台となる文明五年~六年は、中央(京都)と関東で世代交代が中心となった年でした。作品においても多くの紙面を世代交代の描写に使っております。 そして、本...
作家や・ら・わ行

ゆうきまさみ「新九郎、奔る!」(第7集)の感想とあらすじは?

伊勢宗瑞(伊勢新九郎盛時)を主人公としたゆうきまさみ氏による室町大河マンガの第7巻です。 新九郎にとって怒涛の文明三年が終わろうとしています。 舞台となる時代については「テーマ:室町時代(下剋上の社会)」にまとめています。 室町時代の年表 ...
作家や・ら・わ行

ゆうきまさみ「新九郎、奔る!」(第6集)の感想とあらすじは?

伊勢宗瑞(伊勢新九郎盛時)を主人公としたゆうきまさみ氏による室町大河マンガの第6巻です。 伊勢宗瑞は備中伊勢氏出身とされますが、それを裏付ける史料とされるのが「平盛時禁制」です。本書でその 「平盛時禁制」 が出てきます。 平盛時禁制禁制長谷...
作家や・ら・わ行

ゆうきまさみ「新九郎、奔る!」(第5集)の感想とあらすじは?

伊勢宗瑞(伊勢新九郎盛時)を主人公としたゆうきまさみ氏による室町大河マンガの第5巻です。 引き続き舞台となるのは文明三(1471)年で、伊勢新九郎は16歳になったところです。 本書で伊勢家宗家と備中伊勢家の世代交代が起きます。 この時の備中...
作家や・ら・わ行

ゆうきまさみ「新九郎、奔る!」(第4集)の感想とあらすじは?

伊勢宗瑞(伊勢新九郎盛時)を主人公としたゆうきまさみ氏による室町大河マンガの第4巻です。 舞台となる時代については「テーマ:室町時代(下剋上の社会)」にまとめています。 室町時代の年表 応仁の乱 編 新九郎 奔る!第1集 新九郎 奔る!第2...
作家や・ら・わ行

ゆうきまさみ「新九郎、奔る!」(第3集)の感想とあらすじは?

伊勢宗瑞(伊勢新九郎盛時)を主人公としたゆうきまさみ氏による室町大河マンガの第3巻です。 第3集の最初の逸話には、ある研究によると興味深い説があるようです。この説を採っていたら、話の流れが変わっていたと思われます。 作者のゆうきまさみ氏も次...
作家や・ら・わ行

ゆうきまさみ「新九郎、奔る!」(第2集)の感想とあらすじは?

伊勢宗瑞(伊勢新九郎盛時)を主人公としたゆうきまさみ氏による室町大河マンガの第2巻です。 本書で新たに登場する人物の中で最も重要なのは、今川治部少輔義忠です。 駿河今川家第8代当主で、正室は北川殿として知られる伊勢盛定の娘です。「新九郎、奔...
作家や・ら・わ行

ゆうきまさみ「新九郎、奔る!」(第1集)の感想とあらすじは?

一般的に北条早雲として知られる伊勢宗瑞(伊勢新九郎盛時)を主人公としたゆうきまさみ氏による室町大河マンガです。 後北条氏ファンのみならず、応仁の乱から戦国時代初期にかけての時代が好きな方にはたまらないマンガだと思います。 伊勢宗瑞に関する近...
作家か行

北方謙三の「楠木正成」を読んだ感想とあらすじ

北方太平記(北方南北朝)の一絵巻です。南北朝時代の楠木正成を描いています。一連の北方太平記の中で、軸になる小説がどれかというと難しいですが、本書を中心にして捉えてみるとすっきりするかもしれません。
作家か行

北方謙三の「悪党の裔」を読んだ感想とあらすじ

赤松円心(赤松則村)を描いた小説で、題名の通り「悪党」としての赤松円心を描いています。ちなみに楠木正成も悪党です。「悪党」とは現代的な意味とは大きく異なります。簡単にいえば幕府の御家人でないにもかかわらず武力を有しているものたちを指しました。
作家か行

北方謙三の「武王の門」を読んだ感想とあらすじ

北方太平記(北方南北朝)の一絵巻です。征西将軍宮(懐良親王)と菊池武光を描いた作品です。征西将軍宮(懐良親王)と菊池武光は後醍醐帝も楠木正成も新田義貞も去った後の南朝を代表する人物たちです。懐良(かねよし)親王。「かねなが」と呼ぶこともあります。
作家か行

北方謙三の「道誉なり」を読んだ感想とあらすじ

北方南北朝、あるいは北方太平記の一絵巻です。主人公は佐々木道誉。京極道誉ともいわれます。「ばさら大名」で知られる人物です。ばさらとは何か?導誉は言います。「ただ毀したいと思う男のことを、ばさら者と呼びます。」
作家あ行

岩井三四二の「銀閣建立」を読んだ感想とあらすじ

覚書/感想/コメント 通称・銀閣寺の建立を巡る小説です。室町時代のもっとも混乱した京を舞台に、幕府の大工である橘一族の三郎右衛門を主人公としています。三郎右衛門は実在の人物ですが、この建立に直接かかわったかは不明の人物です。 この小説のテー...
作家ま行

皆川博子の「妖櫻記」を読んだ感想とあらすじ

覚書/感想/コメント 応仁の乱直前の室町時代を舞台にした伝奇小説。登場人物の行動や思考にチャチャを入れたり、説明のために、外来語をためらいもなく使用する点は、読み聴かすことに力を入れている講談と似ている感じがしないでもない。その一方で、幻妖...
シェアする
Lounge Cafeをフォローする