宗圓寺の歴史と見どころ紹介(千葉県佐倉市)寿老人(佐倉七福神)

Arabic AR Chinese (Simplified) ZH-CN English EN French FR German DE Japanese JA Korean KO Portuguese PT Russian RU Spanish ES Vietnamese VI
この記事は約1分で読めます。
宗圓寺
スポンサーリンク

宗圓寺

嶺南寺から次に向かったのが宗圓寺。この並びには甚大寺もあり、佐倉七福神巡りが一気に進むエリアになっている。

寛永16年、松本城主・堀田正盛が19歳で卒去した正盛の弟・堀田安利の冥福を祈り塔頭の寺として建立したもの。

松本に建立した円覚山慧光院の境内にあったのを、寛永19年(1642年)佐倉に移す。

墓地には家老・渡辺弥一兵衛の墓(東山千恵子の実家)、執政、香宗我部家の墓、順天堂創立者・佐藤泰然の墓がある。

寿老人を祀る札所として知られる。

宗圓寺

次に向かったのが、旧佐倉藩の総鎮守・麻賀多神社

スポンサーリンク

宗圓寺の概要

項目内容
山号正覺山
院号
正式名正覺山宗圓寺
開基
宗派臨済宗妙心寺派
本尊
別称
備考 佐倉七福神

場所など

所在地: 〒285-0023 千葉県佐倉市新町89
電話: 043-485-3625

佐倉七福神一覧

今回のルート順

  1. 松林寺
  2. 妙隆寺
  3. 甚大寺
  4. 嶺南寺
  5. 宗圓寺
  6. 麻賀多神社
  7. 大聖院

他の七福神一覧

タイトルとURLをコピーしました