記事内に広告が含まれています。

清光院の参詣記-歴史と見どころ紹介(東京都品川区)都内では珍しい大名墓地である奥平家墓地がある

この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

大名墓地

もと東海寺の塔頭として慶安3年(1650年)に創建。

江戸時代初期の慶安3年(1650)に、肥後国字土藩(熊本藩支藩)の藩主、細川行孝が母を開基として建立したと伝えられる。

都内でも数少ない大名墓地。
奥平家の墓がある。瓦積の土塀に囲まれた598平方メートルの墓域で、慶長19年(1614)に没した二代からの墓石88基がある。奥平家は譜代大名で、中津(大分県)藩主であった。

宿泊旅行なら旅行サイトを利用するのが良いと思います。下記をご参考になさってください。

宗派:臨済宗大徳寺派

スポンサーリンク

写真ギャラリー

地図