荏原神社の歴史と見どころ紹介(東京都品川区)[東海七福神]

Arabic AR Chinese (Simplified) ZH-CN English EN French FR German DE Japanese JA Korean KO Portuguese PT Russian RU Spanish ES Vietnamese VI
この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

南の天王

荏原神社は「南の天王」と呼ばれる。また東海七福神の中の1社として恵比須を祀る。

七福神を巡る|東海七福神
東海七福神No七福神名称住所1大黒天品川神社品川区北品川3-7-152布袋尊養願寺北品川2-3−123寿老人一心寺品川区北品川2-4-184恵比須荏原神社品川区北品川2-30-285毘沙門天品川寺(ほんせんじ)品川区南品川3-5-...

荏原神社は元明天皇の和銅2年(709年)に、奈良の元官幣大社・丹生川上神社より高龍神(龍神)を勧請。

長元2年(1029年)に神明宮、宝治元年(1247年)に京都の八坂神社より牛頭天王を勧請。品川の龍神さまとして、源氏、徳川、上杉等、多くの武家の信仰を受けてきた。

旧鎮座地には今も水神の貴布彌神社(きふねじんじゃ)があるように、もとは「品川貴船社」といった。

明治8年、品川貴船社の名を改めて、荏原郡の名をつけて「荏原神社」に改称する。

現在の社殿は弘化元年(1844年)のもの。

北の天王祭(東京都品川区北品川) – 品川神社例大祭
南の天王祭(かっぱ祭り、東京都品川区北品川) – 荏原神社例大祭

祭神:高龍神

スポンサーリンク

地図

タイトルとURLをコピーしました