記事内に広告が含まれています。

新田次郎文学賞の一覧

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

概要

新田次郎文学賞(にったじろうぶんがくしょう)。
前年に初めて刊行された作品が対象。
形式は問わない。
歴史、現代にわたり、ノンフィクション文学、または自然界に材を取ったものが対象。

主催:公益財団法人新田次郎記念会

スポンサーリンク

受賞作

第31回~第40回

  • 第40回 2021年度 永井紗耶子 「商う狼—江戸商人 杉本茂十郎—」
  • 第39回 2020年度 河崎秋子 「土に贖う」
  • 第38回 2019年度 伊与原新 「月まで三キロ」
  • 第37回 2018年度 奥山景布子 「葵の残葉」
  • 第36回 2017年度 原田マハ リーチ先生」
  • 第35回  2016年 長谷川康夫 「つかこうへい正伝」
  • 第34回  2015年 尾崎真理子 「ひみつの王国 評伝 石井桃子」
  • 第33回  2014年 川内有緒 「バウルを探して」、幸田真音 「天佑なり 高橋是清、百年前の日本国債」
  • 第32回  2013年 澤田瞳子 「満つる月の如し 仏師、定朝」
  • 第31回  2012年 角幡唯介 「雪男は向こうからやって来た」

第21回~第30回

  • 第30回  2011年 竹田真砂子 「あとより恋の責めくれば-御家人南畝先生」
  • 第29回  2010年 帚木蓬生 「水神」、松本侑子 「恋の蛍 – 山崎富栄と太宰治」
  • 第28回  2009年 植松三十里 「群青 日本海軍の礎を築いた男」
  • 第27回  2008年 見延典子 「頼山陽」
  • 第26回  2007年 諸田玲子 「奸婦にあらず」
  • 第25回  2006年 真保裕一 「灰色の北壁」
  • 第24回  2005年 中村彰彦 「落花は枝に還らずとも-会津藩士、秋月悌次郎
  • 第23回  2004年 東郷隆 「狙うて候」
  • 第22回  2003年 津野海太郎 「滑稽な巨人」
  • 第21回  2002年 佐々木譲 「武揚伝」

第11回~第20回

  • 第20回  2001年 杉山正樹 「寺山修司、遊戯の人」
  • 第19回  2000年 熊谷達也 「漂泊の牙」 、 酒見賢一 「周公旦」
  • 第18回  1999年 大村彦次郎 「文壇栄華物語」
  • 第17回  1998年 山崎光夫 「薮の中の家 芥川自死の謎を解く」
  • 第16回  1997年 吉川潮 「江戸前の男 春風亭柳朝一代記」
  • 第15回  1996年 谷甲州 「白き嶺の男」
  • 第14回  1995年 西木正明 「夢幻の山旅」
  • 第13回  1994年 岩橋邦枝 「評伝 長谷川時雨」
  • 第12回  1993年 半藤一利 「漱石先生ぞな、もし」 、 池宮彰一郎 「四十七人の刺客」 、 もりたなるお 「山を貫く」
  • 第11回  1992年 大島昌宏 「九頭竜川」 、 高橋揆一郎 「友子」

第1回~第10回

  • 第10回  1991年 宮城谷昌光 「天空の舟
  • 第9回  1990年 鎌田慧 「反骨-鈴木東民の生涯」 、 佐江衆一 「北の海明け」 、 早坂暁 「華日記 昭和いけ花戦国史」
  • 第8回  1989年 入江曜子 「我が名はエリザベス」
  • 第7回  1988年 海老沢泰久 「F1地上の夢」 、 中野孝次 「ハラスのいた日々」
  • 第6回  1987年 長部日出雄 「見知らぬ戦場」
  • 第5回  1986年 岡松和夫 「異郷の歌」
  • 第4回  1985年 角田房子 「責任」 、 佐藤雅美 「大君の通貨
  • 第3回  1984年 辺見じゅん 「男たちの大和」
  • 第2回  1983年 若城希伊子 「小さな島の明治維新 ドミンゴ松次郎の旅」
  • 第1回  1982年 沢木耕太郎 「一瞬の夏」