仙台城(青葉城)の歴史と見どころ紹介(宮城県仙台市)宮城縣護國神社[国の史跡]

Arabic AR Chinese (Simplified) ZH-CN English EN French FR German DE Japanese JA Korean KO Portuguese PT Russian RU Spanish ES Vietnamese VI
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

伊達家の居城

こんなに高台にあるとは思わなかった。驚いた。
いやぁ、仙台市内が一望できる。

驚いたのはもう一つ。
天守跡のような、城跡らしい城跡というのが、あまりないことである。
それもそのはずで、徳川幕府の警戒を避けるため、天守閣はあえてつくらなかった。

仙台城は江戸時代の1610(慶長15)年、伊達政宗が築城したもの。別名「青葉城」「五城楼」。
標高120mにそびえる。
東と南を断崖が固める天然の要害に築かれた城。全国的にも大きい部類の城となっている。

明治維新後は東北鎮台が置かれ、失火により二の丸御殿が焼失。
残存した大手門、脇櫓、巽門は国宝に指定されたが、仙台空襲で完全に焼失。国の指定史跡である。
戦後、二の丸には東北大学が設置された。

日本100名城
日本100名城とは財団法人日本城郭協会が2006年に定めた名城の一覧です。2017年に続日本100名城が発表されました。日本100名城一覧根室半島チャシ跡群 【北海道根室市】 国の史跡五稜郭 【...

住所 〒980-0862 仙台市青葉区川内1

スポンサーリンク

宮城縣護國神社

宮城縣護國神社(みやぎけんごこくじんじゃ)は、仙台城(青葉城)本丸跡に創建された神社(護国神社)。

主祭神 護国の英霊
社格等 内務大臣指定護国神社・別表神社
創建 明治37年(1904年)
別名 招魂社(創建~1939年)宮城神社(連合国軍占領期)

写真ギャラリー

この城を書いている本

海音寺潮五郎の「日本名城伝」を読んだ感想とあらすじ

城を巡る人物模様を記した本であり、築城史ではない。各城に関しては別題があり、それに即した内容が書かれている。近世の城で実際に戦闘を体験しているのは、大阪城、熊本城、会津若松城、五稜郭しかないが、いずれも力攻めでは落ちなかった。そういう意味で、いずれも難攻不落の名城なのだ。

地図

伊達政宗を描いた小説

海音寺潮五郎「伊達政宗」

海音寺潮五郎の「伊達政宗」を読んだ感想とあらすじ
伊達政宗は、小田原に死人装束で遅参したり、はたまた秀吉に言い訳をするため金の磔柱を掲げながら上洛するなど奇抜な恰好をすることがあるが、これは秀吉の派手好みに沿って行っている演出だと海音寺潮五郎は述べている。

山岡荘八「伊達政宗」

山岡荘八の「伊達政宗」を読んだ感想とあらすじ

政宗誕生から、その七十年の生涯を終えるまでを描いた作品。戦国武将としての政宗は四分の一程度で終了する。あとは豊臣秀吉の時代になり、そして徳川幕府の時代へとうつっていく。

永岡慶之助「伊達政宗」

永岡慶之助の「伊達政宗」を読んだ感想とあらすじ
覚書/感想/コメント伊達政宗の生涯を描いた作品。上巻は政宗が家督を相続する時期から、秀吉に屈服するまでの期間を描いている。伊達政宗といえば、戦上手というイメージがあるかもしれないが、戦以上に上手かったのが謀...
タイトルとURLをコピーしました