記事内に広告が含まれています。

ヤマトタケル

歴史上の人物

ヤマトタケルとは?祀っている神社は?

ヤマトタケルは、漢字で日本武尊や倭建命などで書かれますが、どのような神様で、どういう神社に祀られ、どのようなご利益がある神様なのでしょう。
寺社

【式内社】橘樹神社(たちばなじんじゃ)の参詣記-歴史や見どころは?(千葉県茂原市)上総国二宮

橘樹神社の本殿 電車でも車でも参拝に苦労しない場所にあります。 古社は不便なところにあることがありますので…。古代の交通網と現代の交通網が一致しないことがよく分かります。 電車の場合、JR本納駅から徒歩10分の場所にあります。 車でしたら、...
寺社

【式内社】麻賀多神社(台方社)の参詣記-歴史や見どころは?(千葉県成田市)成田市台方にある古社

宗吾参道駅から宗吾霊堂へ向かい、信号を左手に曲がって、ずっと進んでいきます。 やがて鬱蒼とした木々が立ち並ぶエリアに麻賀多神社の台方社が現れます。 奥宮の船形社はさらに進んで行った先にあり、わかりにくい場所にあります。 訪れた場所 千葉県の...
寺社

【式内社】玉崎神社の参詣記-歴史や見どころは?(千葉県旭市)天保水滸伝の飯岡助五郎とは?

玉崎神社の歴史 景行天皇40年の創建です。 日本武尊の東征の際、相模から上総に苦労して渡り(蘇我比咩神社(そがひめじんじゃ))、南へ下り、葦浦(鴨川市吉浦)を経由して玉の浦(九十九里浜)にやってきました。 日本武尊は、それまでの苦労から海上...
寺社

【式内社】蘇我比咩神社の参詣記-歴史や見どころは?(千葉県千葉市)日本武尊と蘇我大臣の娘に縁のある古社

蘇我駅から歩いて15分くらいです。 この一帯を蘇我と呼ぶことになる由来の神社になります。 蘇我というと、古墳時代から飛鳥時代に勢力を誇った豪族で、近畿に勢力を持っていました。 ですので、なぜに千葉県に蘇我の名前があるのだろうか?と常々思って...
一覧

七福神を巡る|港七福神

港七福神 1933年(昭和8年)の「麻布稲荷七福神詣」を始まりとしています。戦争の影響により1940年(昭和15年)で中断します。 1966年(昭和41年)に「港七福神めぐり」として再開しました。七福神に加え、宝船を含めた8カ所をめぐるのが...
シェアする
Lounge Cafeをフォローする