記事内に広告が含まれています。
作家な行

南原幹雄の「謀将-山本勘助」を読んだ感想とあらすじ

覚書/感想/コメント 山本勘助はその存否の論議はありますが、通常川中島の決戦と呼ばれる第四次川中島の戦いで、啄木鳥戦法を見破られた責任を取って戦いに身を投じて死んだとされています。 本書で言えば、ちょうど真ん中がこの川中島の決戦です。 てっ...
シェアする
Lounge Cafeをフォローする