料理

寺社

【式内社】高家神社(たかべじんじゃ)の歴史と見どころ紹介(千葉県南房総市)料理の神様

料理の祖神を祀る神社 高家神社(たかべじんじゃ)は、千葉県南房総市(旧千倉町)にある神社です。 式内社で、旧社格は郷社。 「料理の祖神」を祀る神社として料理関係者や醤油醸造業者などから崇敬される。 祭神 ...
2) 超面白い

高田郁の「八朔の雪 みをつくし料理帖第1巻」を読んだ感想とあらすじ(面白い!)

料理を題材にした典型的な人情ものである。登場人物の設定や話の展開などベタなのだが、それでも面白い。面白いのだが、惜しむらくはもう少し文章力が...。

作家あ行

宇江佐真理の「八丁堀喰い物草紙・江戸前でもなし 卵のふわふわ」を読んだ感想とあらすじ

覚書/感想/コメント 料理本だと思っていた。 違った。離婚の危機を迎えている若夫婦を巡る連作短編集であった。 登場人物の中で異彩を放っているのが、舅の椙田忠右衛門。伝説の同心。 湯島の学問所で行われる学問吟...
作家あ行

池波正太郎の「池波正太郎の食卓」を読んだ感想とあらすじ

覚書/感想/コメント 池波正太郎の通い書生をしていた佐藤隆介が文を担当し、料理をそれぞれ和食を「てんぷら近藤」の近藤文夫、洋食を「たいめいけん」の茂出木雅章が担当し、池波正太郎の食卓を再現するという企画もの。それぞれの料理を...
作家あ行

池波正太郎の「剣客商売 庖丁ごよみ」を読んだ感想とあらすじ

覚書/感想/コメント 「剣客商売」で登場する料理を料理人・近藤文夫が再現した一冊。季節ごとにわけて一食分ずつ掲載されており、全面オールカラーなため、見るからにおいしそうで食欲がそそられることは間違いない。 簡単なレシピ...
作家あ行

池波正太郎の「梅安料理ごよみ」を読んだ感想とあらすじ

覚書/感想/コメント 梅安は大根が好物。彦次郎は豆腐が好物。小説を読んでいると、大根と豆腐が頻繁に出てくる。 さて、本書は最初に池波正太郎による梅安の世界を簡単に述べた章があり、その後に佐藤隆介・筒井ガンコ堂による「仕...
Lounge Cafeをフォローする
タイトルとURLをコピーしました