記事内に広告が含まれています。

笠森お仙

作家や・ら・わ行

米村圭伍の「面影小町伝」を読んだ感想とあらすじ

覚書/感想/コメント 「錦絵双花伝」改題。「風流冷飯伝」「退屈姫君伝」に続く三部作の最終巻。 「風流冷飯伝」と「退屈姫君伝」は宝暦十四年(一七六四)が舞台であり、本書は月日が経って実質的に明和二年(一七六五)から始まっている。前二作の翌年か...
シェアする
Lounge Cafeをフォローする