記事内に広告が含まれています。

杉本章子

杉本章子の紹介と作品・著書

略歴

(1953 – 2015)
杉本章子。福岡県生まれ。ノートルダム清心女子大国文科卒。金城学院大学大学院修士課程修了。
1979年「男の軌跡」で第4回歴史文学賞佳作。
1983年第14回福岡市文学賞。
1989年「東京新大橋雨中図」で第100回直木三十五賞
1995年第2回福岡県文化賞。
2002年「おすず-信太郎人情始末帖」で第8回中山義秀文学賞

紹介している小説

作家さ行

杉本章子の「信太郎人情始末帖 第3巻 狐釣り」を読んだ感想とあらすじ

覚書/感想/コメント 信太郎人情始末帖シリーズ第三弾。 連作短編の様な感じとなっている。それぞれの章が前の章と繋がりがある。 今回はいくつかの大きな出来事があるが、ここでは二つを挙げておく。 一つは、信太郎とおぬいの間に子が生まれ、信太郎の...
作家さ行

杉本章子の「信太郎人情始末帖 第2巻 水雷屯」を読んだ感想とあらすじ

覚書/感想/コメント 信太郎人情始末帖シリーズ第二弾です。 捕物帖なのだですが、始末帖というシリーズ名は、主人公の信太郎が御用聞きでもなければ、下っぴきでもないということから来ているのでしょう。 今回の題名、水雷屯(すいらいちゅん)は占いの...
作家さ行

杉本章子の「信太郎人情始末帖 第1巻 おすず」を読んだ感想とあらすじ

南町奉行が遠山左衛門尉景元から池田播磨守頼方にかわった時代。嘉永五年ということになるか。十数年後は明治である。幕末の動乱直前の時代が舞台のシリーズ。
シェアする
Lounge Cafeをフォローする