記事内に広告が含まれています。

鶴屋南北

作家ま行

皆川博子の「妖櫻記」を読んだ感想とあらすじ

覚書/感想/コメント 応仁の乱直前の室町時代を舞台にした伝奇小説。登場人物の行動や思考にチャチャを入れたり、説明のために、外来語をためらいもなく使用する点は、読み聴かすことに力を入れている講談と似ている感じがしないでもない。その一方で、幻妖...
シェアする
Lounge Cafeをフォローする