記事内に広告が含まれています。

末次平蔵

作家か行

海音寺潮五郎の「豪傑組」を読んだ感想とあらすじ

覚書/感想/コメント 「越前騒動」と「忠直卿行状記」が一種の続き物として読める。 その「忠直卿行状記」に登場する小山田多門。この小山田多門のような奸佞はいつの世にも現れる。そういう人物を海音寺潮五郎は恐ろしいという。 そして、さらに恐ろしい...
シェアする
Lounge Cafeをフォローする