太公望

作家ま行

宮城谷昌光の「太公望」を読んだ感想とあらすじ

呂尚。別名は太公望。日本では釣り好きを指して太公望という。実態は、謎に包まれた人物である。なにせ、中国がまだ神の時代、伝説の時代の人物だから、わからないことが多い。
作家ま行

宮城谷昌光の「王家の風日」を読んだ感想とあらすじ

覚書/感想/コメント 中国で商(殷)から周へ王朝が移る時代。太公望が活躍した時代でもあるが、その時代に商を支えた箕子(きし)を軸にすえた小説。 この小説は、宮城谷昌光氏の「太公望」とは表裏一体の関係にある小説である。 ...
Lounge Cafeをフォローする
タイトルとURLをコピーしました