大岡忠光

作家ま行

松本清張の「柳生一族」を読んだ感想とあらすじ

覚書/感想/コメント八編の歴史小説短編集。昭和三十年(一九五五)に柳生一族、通訳、廃物、疵が発表され、翌年に残りの四編が発表されている。松本清張初期のころの作品である。全体的の分量も少なく、かつ、短編それぞれも短く、読みやすい。それぞれの短...
Lounge Cafeをフォローする
タイトルとURLをコピーしました